こどもの育て方

こどもは日々成長します。親はこどもに育てられているといっても過言ではありません。しかし親は自分で教えられることの限界を感じるとすぐに他人に頼って教育費をかけます。現代加熱する教育費と反対にお金がなく食べるのもままならないこどもがいます。この対比について見ていきましょう。

普通のサラリーマン家庭では、いま習い事や塾に行かせるのが当たり前でしょう。小さい頃からピアノや水泳、習字に英語と習うものは多く、今のこどもはいそがしいです。こどもに教育をいくらかけるかは人によって異なってきますが、学校などの教育費を含めひとりあたり3000万円かかるともいわれます。大変な出費ですし、私立の学校などに入れた場合はもっと高くなります。

裕福な家庭では教育費を惜しみましせん。こどもが立派に成長することが親の生きがいだからです。こどもがやりたいといったことは何でもさせますし、やりたくない勉強もさせます。しかもそれが幼少期からずっと続くので、大変です。こどもがやりたいことを尊重してあげたり、自分の 好きに遊べる時間を確保するのも親の役目だと思います。

反対に親が貧困に陥っている場合の子供への影響はどうでしょう?こどもは自分で稼ぐことができません。どんなに現状がつらくても打開する術をもっていないのです。親に頼るしかありまんが、親も必死な場合なかなか気づいてもらえません。

親がこどもを教育、そして養育することは義務です。しかし現代の日本ではこどもの貧困率が問題となっています。教育費をかけるどころか満足に食べさせてもらえないこどもが6人に1人もいるといわれています。この日本でこれだけのこどもがそうした状況に置かれていることのびっくりします。

こどもが最低限の生活をおくれ、すきなことをするチャンスに恵まれる環境をつくって上げて欲しいと思います。これは行政の仕事です。もっとこどものことを考えた取り組みをおこなってほしいものです。チャンスだと思った時はお金を借りてすぐにやってしまいましょう!それにスピードも大事です。一番早くお金を借りる方法でしっかり!